車売るなら「車一括査定」

MENU

車売る際の必要書類は何が必要?

車売る際に必要になる書類はいくつもあります。下取りであっても買取りであってもどちらも資産の譲渡ということで手続きには決められた書類が必要となります。新車を買うときにも書類は必要ですが、マイカーを手放す際にはそれ以上の種類のものを揃えなくてはなりません。殆どは車と一緒に保管してあるものですが、それ以外のものもあります。また買い取り業者側が定型様式を持っていてそれに従えば事足ります。

 

まず手続に必要な大事な印鑑ですがこれは実印であることが求められます。契約以前に居住する市区町村役場で実印登録をしておく必要があります。この実印が本当に正式に登録されたものであることを証明するものとして市区町村が発行する印鑑証明書が必要になります。有効期限は発行日から3ヶ月以内です。通常2通求められます。自動車検査証書(車検証)は普通なら車の中に保管してあります。自動車税納税証明書は毎年納付している税金の証明書ですが最新の年度ものが必要です。自賠責保険証は車検がある度に更新している強制保険ですが、これも車検証と一緒に保管しているケースが多いでしょう。リサイクル券は自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金を納付済みであることを示すもので、これも車検証と一緒にしている場合が多いでしょう。

 

上述した諸々の書類は殆どの人が大切に保管していることと思いますが、もし失くしたり処分してしまった場合にはそのままでは車の売却手続はできなくなるので、必要な処置をとらなければなりません。管轄する役所へ行って再発行の手続をとることになりますが、手間も手数料もかかるため、こうしたものは車の売却の話になる前からしっかりと意識して保管しておきたいものです。

 

更に揃えるものとして、売却する自分の車の名義変更手続きを業者に任せるために委任状が必要です。これは一連の資産譲渡の手続を本来自分がやるべきことを業者がやってくれるので必要となるものです。定型用紙を業者が持っているはずなのでそれに署名捺印します。また車売ることを証明するものとして譲渡証明書が要りますがこれも業者指定の用紙に署名と捺印します。またローンで車を購入していた場合には車の所有者名義がクレジット会社や販売ディーラーの名義になっています。この場合には、売却する前にローン残債を一括返済しなければならないためこれの手続も必要になります。大抵の場合は買取業者が手続をしてくれるので分からないことは何でも聞いてみましょう。

 

参考:車売却の必要書類