車売るなら「車一括査定」

MENU

まだローンが残っているのですが査定は可能?

車を売る際には本人の名義になっていなければ自由に売却することはできませんが、本人以外でも個人名であれば委任状を取得して売却が可能です。新車を購入する際にはローンを利用することが多いですが、その場合には販売店かクレジット会社の名義になっているのが普通です。

 

銀行などから直接融資を受けて購入する場合には本人名義になる場合もありますが、それ以外ではクレジット会社の名義となっているのが一般的です。クレジット会社や販売店の名義になっていて残債が残っている場合の車査定では、所有権の解除をしなければ売却することはできませんが、所有権解除には残債の一括返済が必要になります。

 

残債を一括返済すればローンが残っていても売却が可能ですが、車を売る前に完済しておく必要があります。車査定の買取額が残債を上回れば問題はありませんが、頭金なしの全額ローンで購入した場合には車種によって足が出てしまう場合があります。

 

大手車買取店では返済途中の車でも買い取りが可能ですが、返済サービスを行っている業者もあります。所有権解除やその他の手続きを買取店が代行してくれるシステムですが、買取額よりも残債が多い場合には実費で負担して支払うことになります。買取業者によってサービス内容が異なりますが、買取店で中古車を購入する場合には購入する車のローンに含めて融資を利用することが可能です。

 

すべての買取店で行われているわけではありませんし、中古車の購入が前提となっているため売却の場合には事前に完済しておく必要があります。車を売却するには車の購入があるかないかによって手続きが変わりますが、新車をディーラーで購入する場合では購入手続きだけでディーラーがすべて対応してくれるメリットがあります。

 

買取店では売却の手間がありますし、さらに新車の購入手続きがあるため手間がかかってしまいますが、新車を購入する場合には面倒な手続きをしなくても良いのです。買取店の査定は下取りよりも高くなる傾向がありますが、新車の購入がある場合には必ずしも買取店が有利とはいえない状況があります。]

 

残債があっても車査定により売却は可能ですが、買取店で中古車を購入しない場合には完済に係る手続きを自分で行う必要があります。車を購入する場合には残債を精算するための手続きを買取店が行う場合もありますので、サービス内容によって異なる部分と言えます。ローンがあっても売却は可能ですが、状況により手続きの負担が異なります。

 

>>車買取一括査定でお困りの方はこちら!<<
専門家アドバイスしております。