車売るなら「車一括査定」

MENU

車の査定前に車を洗うことの恩恵

車を売るのであれば、非常に大きな金額が動くものだけにできるだけ高く売りたいものです。
そのため、少しでも高く売るためにできることであれば何でもしておきたいものですよね。

 

しかし、普通の人が高く売るためにできることというのは限られたものになってしまいますが、その中でもできることといえば中古車査定を受ける前に、車を洗うことになります。
なぜ、中古車査定前に車を洗う必要があるのかというと、洗うことによって査定をしてくれる人の印象をよくして高査定を引き出しやすくするためなのです。

 

相手もプロであるためただ車を綺麗にしていたというだけでは、査定額アップには繋がりませんが逆に汚いままにしておくと査定額が下がってしまうこともあるのです。
簡単に落ちる汚れというのは査定に影響のあるものではないのですが、だからといって全体的に車が汚れていればそれだけであまり良い印象は持たないものです。
そして、何よりそのような汚れた車というのは細かな傷などを見落としてしまいやすくなるので、より慎重になって自動車査定をされてしまうことになります。

 

そうなると、綺麗にしておけば問題が無かったような細かなキズであっても、厳しくチェックされてしまうこともあり、減額となってしまうことがあるのです。
また、それだけでなく査定の際には車の中身を分解して確認をするわけにはいかないので、外観やエンジン音などからある程度内部の状態をはかるしかないわけですが、外観が汚れていると普段から使用が雑で内部も傷んでいるのではないかと判断されてしまいます。

 

そうなってしまうと、査定額をアップしてもらおうにも全体的な評価が低いため査定額が下がりがちになってしまうので、綺麗にしておく利点は多いのです。"