車売るなら「車一括査定」

MENU

車検の必要性について

車売るなら押させておきたい周辺知識は、色々なものがあります。その中のひとつが、車検の必要性です。

 

自動車は、道路を安全に走るために、色々な検査をクリアする必要がありますが、そのひとつが車検です。新車の場合は購入してから3年後に初回がきますし、その後は、2年毎に検査を行うことが義務づけられています。自動車は精密機械です。そのため、しっかりと専門知識をもった人間でなければ、故障や不具合などを確認することが出来ないのです。不具合がある自動車が道路を走行していると、事故の原因になってしまいます。ブレーキがきかなくなったり、アクセルの調子がおかしくなったりして、大事故になってしまう可能性もあるのです。そのような事故を防ぐために、車の検査は行われます。

 

自動車の部品の中には、特定の認証を持っている整備工場でなければ、分解してはいけないと法律で定められているものもあります。そのため、専門的な知識をもった人に定期的に検査してもらうことは、とても大切なのです。
検査を受ける場合、陸運事務所に車をもっていって検査員に検査してもらいます。自動車整備工場などに依頼をすると、整備を行ってから陸運事務所に車をオーナーの代わりに持っていきます。ユーザー車検というものもありますが、その場合は、店に頼まないで自分で陸運事務所まで車を持って行って検査を受けます。

 

しかし、中には陸運事務所まで車を持っていく必要のない場合もあります。車を持っていかない代わりに書類だけを提出します。指定自動車整備事業という認定を国から与えられている整備工場などで受ける場合、書類の提出だけで良いのです。但し、指定自動車整備事業の認定をもらうためには、様々な厳しい条件があります。また、指定整備工場、認証整備工場の場合、管轄の運輸局から認証を得ているので、ブレーキパッド交換などの分解整備も可能です。認証を持っていない整備工場は分解整備は行うことが出来ないのです。

 

車検の必要性として、自動車の事故を防ぐだけでなく、定期的に点検を行うことによって車の寿命をのばすということもあります。車を売却しようとした時に、もしも切れてしまっている場合は、公道を走行することが出来ないため、来店査定を受けることが出来なくなります。訪問査定を受ける必要があり、その場合は、業者が運搬車で自宅まで車を引取にくる必要があるのです。切れてしまわないように、注意するようにしましょう。
このように、車売るなら押さえておきたい周辺知識のひとつである車検の必要性は、とても重要な事柄です。しっかりと知っておくことで、車売る時に役立てることが出来るでしょう。